業務用エアコンを当日15:00までのご注文で最短翌日配送可能!

「エクシードハイパー」 テレビCM公開記念キャンペーンのお知らせ (2017年3月31日(金)まで) 三菱重工の新製品「エクシードハイパー」を期間中にご契約で、商品券5,000円分進呈中!お問合わせはお早めに→

「修理と買い替え」どちらがお得?

「冷暖房の効きが悪い」「電源が入らない」「水が漏れてきた」など、エアコンのトラブルは様々。故障かな?と感じたときに、家庭用に比べて金額も大きな業務用エアコンで真っ先に思いつくのは「修理」だと思います。しかし修理した場合、あと何年使用できるのかが心配です。
また、修理しても他の個所が再度故障する可能性があります。
 

最近は高い省エネ性のエアコンが数多くリリースされており、電気代や本体代を考慮すると、修理するよりも買い替えた方が得をするケースが非常に増えてきました。
 

こちらのページでは修理・買い替えのメリットとデメリットを交え、
「エアコン買い替え判断のポイント」について詳しく解説していきます。

買い替え判断のチェックポイント

■保証期間内の場合
保証期間はメーカーによってさまざまですが、通常は1年の場合が多いと思います。
保証期間内であれば、その保証を使用しての修理が可能になりますので、お買い上げのメーカーや販売店にお問い合わせ下さい。
 

■7年未満の場合
保証期間が切れていても購入後7年以内の製品であれば、修理代金と新製品の購入費用で比較・検討がお勧めです。故障の内容で修理の金額は異なりますので、修理金額はお買い上げのメーカーや販売店にお問い合わせ下さい。(修理代の目安はこちらから
 

■9年以上の場合
エアコン補修用性能部品の保有期間は生産終了から9年間となっております。修理依頼しても部品が無い場合があるのでご注意ください。
 

■15年以上の場合
2000年(平成12年)より前に設置したエアコンは、一般的に買い替えたほうがお得です!
最新の省エネ機を使用した際と比較して、年間の電気代は半額以下になるケースもあります。
 

業務用エアコンの一般的な買い替え時期の目安
業務用エアコンで使用している圧縮機、送風機などの部品は年々劣化していきます。そのため、突発的に起きる故障を未然に防ぐには、稼働状態や部品の摩耗状態を見ながら部品を適宜交換していくことが重要です。
取り付け時から全く点検せず、故障したらその都度修理するという使用方法では6~9年で使用限界に達します。
 

これに対して、定期的にメンテナンスを行うことで、15年は使い続けることができます。
故障を防ぐためには定期的な点検を行い、部品のゆるみや汚れなどをチェックし、不具合がある場合はしっかりメンテナンスする必要があります。
 

※設置場所の環境や使い方によってかなり差が出ますので、あくまで目安です。
  長年使い続け故障した場合、修理しても他の箇所も劣化しているものです。

Case1: 室外機から大きな音がします
室外機の騒音は、コンプレッサーの故障が原因かもしれません

コンプレッサーは、冷媒の温度をコントロールするエアコン室外機の心臓部であり、もっとも重要な部分です。室外機の騒音が大きくなるのは、コンプレッサーの異常により唸り音が発生している、また部品が摩耗することで振動が出たりしている可能性があります。
 

コンプレッサーの修理代は多くの場合、何十万円もの修理代になります。
(修理代の大きな重修理の一例です)

 

故障でない場合も、新型機は古い機種に比べ、室外機の騒音が半分以下に抑えられることもあります。使用年数にも違いはありますが、室外機の騒音を解消するなら、入替のご検討も必要かと思います。


Case2: 運転しているのに、部屋が冷えません(暖まりません)
冷え(暖まり)が悪くなるのは、ガス漏れの可能性があります

エアコンが冷えない(暖まらない)原因のひとつに、冷媒ガス漏れの可能性があります。冷媒ガス漏れで冷えない場合、冷媒ガスが漏れている箇所を特定するために、耐圧試験を行います。
設置状況にもよりますが、室内機・内外渡り配管・室外機と3箇所に分けて試験を行います。さらに、冷媒ガスが漏れている箇所を特定し溶接修理後、再度新しい冷媒ガスを封入する必要があります。
 

これらの作業をすると何十万円もの修理代になります。
(修理代の大きな重修理の一例です)

 

※フィルタの詰まり、熱交換器の汚れでも冷え(暖まり)が悪くなることがあります。

修理代の目安

以下は修理をおこなう際の目安としてご参照ください。

重修理 コンプレッサー交換 10万円以上
熱交換器交換
ガス漏れ修理
など
中修理 ファン・ファンモータ交換 10万円未満
基盤交換
リモコン不良
ドレン異常
軽修理 吹出しルーバー異常 5千円~2万円程度
温度センサ不良

※1 エアコンの機種・メーカー・年式・設置状況によって金額は大幅に変わります。
※2 エラーコードで簡単な不具合内容は確認できます。
※3 6馬力の場合の一例。目安となります。
※4 修理をご希望の場合は有料となります。 こちらからご相談ください。

購入と修理のメリット・デメリット比較

修理・購入、どちらにもメリットとデメリットがあり、一概にどちらが良いとは言えません。
お客様の状況はケースバイケースのため、その都度最善の選択は違ってきます。
現場調査にお伺いした際、修理のほうがメリットがあると判断すれば、私たちは正直にそうお伝え致しますのでご安心ください。

修理の場合

・メリット
① 軽微な修理であれば低コストで復旧する。
② 軽微な修理であれば日数が掛からずに復旧する。
 

・デメリット
① メーカーへの修理依頼の場合、修理が発生しなくても出張費が発生する。
② 軽修理をした後に、別の不具合が見つかる場合がある。
③ 古い機種の場合、修理をしてもすぐに別の箇所が壊れる可能性がある。
④ 重修理の場合、高額費用が発生する。
⑤ 電気代が変わらない。

購入の場合

・メリット

  • ① 当社にご依頼いただければ見積無料!
    メール(お見積依頼フォーム)か、お電話にて
    無料見積のご依頼をお願い致します。
    設置場所の詳細をお伝えください。
  • ② 省エネ製品になり電気代がお得に!
    超省エネエアコンであれば、古い機種に比べ
    電気代の約5割減も!
    ランニングコストを減らします。
※修理のお見積りについて 現在ご使用の業務用エアコンの ”修理のみ” お問い合わせの場合、現場調査やお見積り発行に別途費用(調査費+出張費)が発生いたしますのでご注意ください。
詳しくは「よくある質問」をご覧ください。
  • ③ 新提案により、より良い快適空間
    新機種はとても静かで夜間の運転音も安心。
    お客様にも働く方にもすごしやすい環境に。
  • ④ 技術革新による高機能化
    新鮮で清潔で安全な空気を作る高機能エアコンが
    続々登場。
  • 長寿命化になり安心
    故障のたびにかかっていた手間と
    お金の問題が解消!
    投資回収後も長くお使いいただけます。
  • 温室効果ガス排出抑制に貢献
    新鮮で清潔で安全な空気を作る高機能エアコンが
    続々登場。

・デメリット
① 軽微な修理に比べ費用がかかる。(重修理より安い場合あり)
② 更新が困難な設置場所の場合、施工費が高額または施工が出来ない場合がある。
③工事期間中は営業ができない場合がある。(設置状況によって施工時間は大幅に変わります。お気軽にお問合せください。)

新しいエアコンに入れ替える場合のコスト試算

旧型エアコンから新型エアコンに入れ替える場合のコスト試算のグラフです。最新型のエアコンと旧型のエアコンでは最大70%削減が可能なため、導入費用を考慮しても投資回収基点は7年との試算が出ています。
旧型エアコンを使い続けた場合、経年劣化やフィルターの目詰まり汚れなど影響を受け、機器本来の性能を発揮できていない事を考慮すると、実際はもっと早く元を取ることができます。

初期費用0円、メンテナンスがついて節税にもなるリースもございます

リースは月額費用が発生する分、通常の購入・設置よりも高くつくイメージがあるかもしれません。
しかし、リースには通常購入にはない3つの大きなメリットがあります。
  • メリット1
    導入費用0円
    本体価格と工事費用も月額料金に含まれるため、導入時にまとまった費用が必要ありません。
  • メリット2
    経費として計上できる
    毎月のリース料は、税法上、賃料として経費処理することが出来ます。またリース料は月々一定ですから設備投資のコストが正確に認識出来ます。
  • メリット3
    ランニングコストの低減
    リースの更新期間ごとに、最新省エネ機器を入れ替え導入することにより、電気代を大きく削減出来ます。お客様の月々のご負担は低減されます。

業務用エアコンの選び方

空調機の大きさを決める

馬力を選ぶ

冷房暖機器の種類を選ぶ

買い替えか修理か迷ったら・・・プロにお任せ下さい!

空調エキスパートでは、現地までお伺いして、間取りや室外環境など様々な要素をご確認したうえで、お客様に最適なエアコンをご提案します。
こちらからご相談ください。

電話: 0120-155-572お見積もりフォーム